お知らせ


「ZEH(ゼッチ)」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは
「ZEH(ゼッチ)」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高率的な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」の事です。

我が国では、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

ベルリフォームでは、地球温暖化対策計画に基づきお客様にとって「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」である新築住宅を2020年までにZEH基準を満たす割合を50%以上にする事業計画を立てております。
2016年度 総建築数 → 2戸
  • 2017年 → 10%
  • 2018年 → 25%
  • 2019年 → 30%
  • 2020年 → 50%
なお、この目標をもって、当社はZEHビルダー登録・申請しております。
【1】具体的なZEH普及策
まずは、弊社社員の新築を手掛けモデルハウスとして、周囲へのPRを促す。年5回の展示会を実施し、チラシ配布やその施工例をもとにお客様に認知度を高めていく。

(メーカー様に協力頂き、分かりやすくご案内できるパンフレットや展示品を展示する。ホームページで告知し、またアクセス数を増やしていくために更新をまめに行うなど)
【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策
サッシ関係や断熱材等使用建材の見直しを行い、協力メーカーを増やしていく。また、床下断熱や充填断熱などの断熱工法を検討し、省力化における原価低減を目指す。太陽光は発電の効率がよく設置工事が難易にならない屋根形状、配置計画とする工事費削減を目指す。
【3】その他の取り組みなど
ZEH基準の高性能な住まいを提案する事で、心疾患や浴室でのヒートショックなどの健康被害を低減するだけでなく、CO2削減や地球環境保全の為に貢献できる事をうたっていく。そしてメンテナンスの削減だけでなく長く健康に安心して住める生活を提案していく。